2011年04月27日

兼高かおる世界の旅

こんにちは、プリンセスプリンプリン目です。

これは、先日本屋さんで見つけた、兼高かおるさんの本
「わたくしが旅から学んだこと」です。
お若い方はご存じないかもしれませんが、兼高かおるさんは
1959年〜1990年まで31年間、日曜日の朝のTV番組
「兼高かおる世界の旅」に出演なさっていた方です。
兼高かおるさんは、何冊か本を出してらっしゃいますが
私は今回初めて読ませていただきました。

2011042416200000.jpg

ブログやアマゾンのレビューなどでの、兼高かおるさんの本の感想には
日曜日の朝やってたこの番組を「子供の頃見ていた」「父親が好きで見ていたので
一緒に見ていた」・・・というのがすごく多いんですよね。
我が家も同じで、父が兼高かおるさんが好きで、日曜日の朝はいつも
この番組を家族みんなで見ていました。

兼高かおるさんはとても美しく、ちょっとエキゾチックなお顔立ちの方。
今回初めて知りましたが、インド人のお父様と日本人のお母様のハーフなんですね。
この本の中には、現在だけでなく、お若い頃の写真カメラも掲載されていますが
すごくおきれいで、民族衣装を着ると現地の人に間違われる・・と書かれていますが
ほんとに何を着ても気品漂う姿はとても美しく、そしてよく似合ってらっしゃいます。
そんな中で、こんなラブリー揺れるハートな水着写真発見ひらめき
かわいいですね(*n_n)o

2011042416210000.jpg

兼高かおるさんは1928年生まれで「兼高かおる世界の旅」に出演なさったのは
31歳の時だそうです。
それから62歳まで番組は続き、本のあとがきでは、生活の大半を番組や旅に費やし
忙しく余裕がなさすぎたと振り返られていました。
他人が羨むような人生を送っているように見えても、人の一生でできることには限りがあり
あれもこれも全部を得ることはできないのですよね。
こんなに素敵な方でも、得られなかったものを思う切なさを胸にかかえていらっしゃる。
そう思うと、TVTVに出ていた素敵な兼高かおるさんだけでなく、私達と同じ
普通に生活するただひとりの日本人としても、親しみがわきました。
文章はあの番組の時のように、ころころ笑う明るい上品な文体で語られており
兼高かおるさんの視聴者や仕事仲間、家族や世界各地で生活している人々への
思いがつづられています。

今この本は「俺も読みたい」と言った弟に貸し出し中本
父はまだ、この本を私が買ったことに気づいていませんが
もし見つけたら、たぶん同じく「俺も読みたい」と言うでしょうね(〃^_^〃)


posted by infornet at 11:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。